読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

They're off!

「They're off!」とは「スタートしました」の意。スタートの気持ちを忘れずに、競馬についての覚書、所感などを書き綴ります。

菊花賞は「最も強い馬が勝つ」?

今週末はいよいよクラシック最後の一冠、菊花賞が開催されます。

クラシック競走三冠はそれぞれ、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、東京優駿は「最も運のある馬が勝つ」、そして菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われていますが、それでは「菊花賞を勝った馬が一番強い」と言っていいのでしょうか?

わたしは個人的には、競馬に「一番強い」はないと思っています。
というのも、競馬はレース毎にコースや条件が異なっており、馬たちはそれぞれ得意なジャンルがあるからです。
個人的見解ですが、スピード型で器用さもあるタイプなら皐月賞に勝てる力があるだろうし、スピードにプラスして2度の坂越えや3000メートルの距離を克服できるスタミナもあれば菊花賞馬になれる可能性は高いです。
東京優駿であれば、正統派な強さと運が求められるように思います。
このように求められる適性が異なっているので、菊花賞を勝ったからといって「一番強い」というわけではないのです。

歴代優勝馬たちのことも「強かったな」とは思いますが、「一番強い」とはわたしは思いません。
そもそも競走馬における「強い」の定義は曖昧で、1着になったからと言って決して「強い」わけでもないのです。
「速ければ強い」というのも少し違うので、このあたりのお話は競馬をしない人に説明するのがとても難しいです。
競馬における「強さ」は明確に基準が決まっているわけではありません。
だからこそ面白く、どこまでも自分で追求できるのが競馬の楽しさでもあります。
レースを見て、自分の感じた「強さ」をデータや言葉で確認していく作業が実はわたしは結構好きだったりします。
そのあたりのことはまた後日お話したいと思います。

そして今年の菊花賞
予想としてはサトノダイヤモンドが勝つだろう、と思っています。
願望では、ステイゴールド産駒のレインボーライン、シュペルミエールと孫であるミライヘノツバサの3頭に頑張って欲しいです。
買い目を悩みつつ、好きな馬を応援するためのデータを探しつつ、スタートの瞬間を待ちたいです。