読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

They're off!

「They're off!」とは「スタートしました」の意。スタートの気持ちを忘れずに、競馬についての覚書、所感などを書き綴ります。

金杯で乾杯!ステイゴールド産駒初日から3勝!

毎年1月5日は競馬ファンにとって特別な一日です。
中山と京都でそれぞれGⅢである金杯が開催され、中央競馬初めとなるこの日。
わたしも自宅にてテレビ中継を一日中流し、気持ちを新たに競馬と向き合いました。

新年を迎えると競走馬はひとつ歳を取るので、馬齢が1歳上がった表記を見るたびに感慨深くなります。

さて、今年も全力で応援しているステイゴールド産駒は今日3勝でした。

中山5R マイネルパンドーロは8番人気と人気薄だったところ、1.4倍と圧倒的1番人気のポールヴァンドルをアタマ差捉えての勝利。
今年のわたしの初絶叫は「パンドーロォォォォ!!」となりました。
ちなみにマイネルパンドーロはPOG指名馬でもあります。
これからが楽しみな1頭です。

中山7R マイネルフレスコはゴール前にクビ差抜け出し、2015年3月以来の勝利をあげました。
じわっじわっと伸びてくる様子を息をするのも忘れ、両手を握りしめ応援していました。
ずっと見てきた馬の久しぶりの勝利、本当に嬉しいです。
きっとパドックマイネルフレスコの横断幕を出されていた方は、もっともっと嬉しかったことでしょう。

今年の初重賞である中山11R 中山金杯は、ツクバアズマオーが嬉しい重賞初制覇となりました!
ここでは負けられない相手たちだっただけに、ほっとしました。
尾形調教師のお話にもありましたが、わたしも真っ先に「ぜひ有馬記念に出走を」と思いました。
一線級で戦える能力のある馬だと思うので、ぜひ大きなレースでツクバアズマオーを応援したいです。

そしてなんと!
本日の中山の芝レースでは、ステイゴールド産駒が出走したレースはすべてステイ産駒が勝利するという結果に……!
中山芝はステイの庭のようなものですが、これはなんとも幸先の良いスタートですね。
事実上のラストクロップデビュー年となる2017年。
ぜひともステイゴールド産駒旋風を巻き起こして欲しいと思います。

また、ステイゴールド産駒以外では、万葉ステークスのタマモベストプレイの勝利が印象に残っています。
調べてみたら2014年9月以来勝ち星に恵まれていなかったようで……。
やっぱり長い距離が合うのでしょうか。
シュミノー騎手のエスコートでの勝利、わたしにはとても輝いて見えました。

そして息をつく間もなく、週末の競馬がはじまります。
ワクワクドキドキをいつもありがとうという感謝の気持ちを忘れずに、今年も競馬を楽しみます。